無料ブログはココログ

セラピスト紹介

« 調和されたお辞儀 | トップページ | 男女の性差の擦り合わせ① »

2012年9月10日 (月)

交通違反の因果

先日、原付バイクでのジム帰りに交通違反で捕まりました…。


場所は、会社のある地域で、夜間はほとんど人通りがない道路で、赤信号が点滅していたのですが、「一旦停止」せずに横断歩道を右折していました。


大抵、交通違反で捕まることは「運の悪い出来事」になります。


しかし、ここで「ただの運の悪いこと」で終わらせては、「悪い出来事の連鎖」にさせてしまいます。


本来、自分に起こる出来事とは、「いい出来事」も「悪い出来事」ないので、「自分に必要な情報」として変換していくことを目指します。


まず、「夜間は人通りがほとんどない道路」ということで、かなり「油断」をしていました。
後日、その油断から大事故を引き起こした可能性があります。


自分の潜在意識が「自分を守る為に」、「その日」に警察に捕まる必要性があったのです。


私たちの潜在意識は、常に今の2,3歩先を歩いており、「危機回避」をしてくれています。「現状が最悪」と思っても、「更なる最悪の回避」をしてくれているとも言えるのです。


また「違反金」は、「一種の寄附」だとも考えられます。
言い換えるなら、「お金の浄化」になります。


自分の収入の中に、「手放した方がいいネガティブな感情エネルギーのお金」があったかもしれないのです。


「ネガティブな感情エネルギーのお金」を手元に置いておくと、そのお金が出ていく「ネガティブな出来事」が起こりやすくなってきます。


病気やケガ、トラブルなどの「不本意な不意の出費」です。


また、「その時間」に警察に拘束される必要があったのかもしれないのです。


もし、警察に拘束されずに進んでいたら、大事故に巻き込まれた可能性もあります。
つまりは、そのトラブルを回避するための「時間調整」をしてくれていたのかもしれないのです。


そのネガティブな出来事の回避のために、自分を守るために潜在意識が発動したからこそ、「時間調整」と「環境調整」をする為に、交通違反で捕まるという出来事が起こったのかもしれないのです。


「更なる最悪」の可能性はいくらでもあります。


「生死に係わる大ケガ」「一生の障害」「死」「誰かを巻き込むこと」…


その日の帰りから安全運転です。
信号も、無理して渡らないようにしています。


でも、すぐに気が緩んで「油断」してしまうのです…。


「日常と違う出来事」は、「日常と違う感情」を発生させます。
そこからカルマを考えることからも、自分にとって必要だから起こっているのです。


「いつもと違う出来事」は、「油断するな」「省みろ」「感謝しろ」…と、自分の傲慢さを気付かせる為に起こっているのかもしれないのです…。




« 調和されたお辞儀 | トップページ | 男女の性差の擦り合わせ① »

交通違反の因果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 調和されたお辞儀 | トップページ | 男女の性差の擦り合わせ① »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー